☆3

ふつう

スポンサーリンク
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『青列車の秘密』 青木久惠訳

ポアロに「この事件は”わたしたちの探偵小説”ですよ」と言われたグレーの目をした淑女と、年輩の紳士らしいポアロの対応が魅力的です。そんなアガサ・クリスティー 『青列車の秘密』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ビッグ4』 中村妙子訳

ポアロvs国際犯罪組織。まるでスパイ小説、二次創作のような展開が楽しめます。そんなアガサ・クリスティー 『ビッグ4』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ゴルフ場殺人事件』 田村義進訳

名探偵エルキュール・ポアロシリーズの二作目です。読みやすい構成と大人なポアロと対照的な刑事がいい味を出しています。そんなアガサ・クリスティー 『ゴルフ場殺人事件』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『スタイルズ荘の怪事件』 矢沢聖子訳

ミステリの古典として、ミステリーの女王アガサ・クリスティーのデビュー作として、名探偵エルキュール・ポアロ初登場作として読むと面白いです。そんなアガサ・クリスティー『スタイルズ荘の怪事件』の感想です。
2020.03.20
読書感想文

【本の感想】アーサー・C・クラーク 『都市と星 [新訳版]』 酒井昭伸訳

オリジナルは1956年発行ですが、すでにMORPGとVRが描かれていて驚かされます。しかし、旅路は尻すぼみな話で、なんだか残念な読後感になります。そんなアーサー・C・クラーク『都市と星 [新訳版]』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】桜坂洋 『よくわかる現代魔法6 Firefox!』

女子高生がFireFoxという使い魔と楽しく戯れる日常の話は読んでいて楽しいです。そんな桜坂洋『よくわかる現代魔法6 Firefox!』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】桜坂洋 『よくわかる現代魔法4 jini使い』

うんちくや小ネタが多い回です。分かるネタが多いとそれなりに楽しめます。そんな桜坂洋『よくわかる現代魔法4 jini使い』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】アヴラム・デイヴィッドスン 『どんがらがん』 殊能将之編

殊能将之編集によるアヴラム・デイヴィッドスン名作集はエドガー賞、ヒューゴー賞、世界幻想文学大賞の短編部門を受賞した作品を含んでいます。どれも癖のある作品ばかりです。そんなアヴラム・デイヴィッドスン『どんがらがん』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】カレー沢薫 『負ける技術』

非モテ、非リア、ブス、オタクなどを後ろ向きなことを前向きに笑いに変えている自虐コラム集です。身に覚えがあればあるほど面白いです。そんなカレー沢薫『負ける技術』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】橘玲 『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

自分で自分を活かすやり方と場所のヒントはありますが、できるかどうかも自分自身です。そうして話はぐるりと一周し、煙に巻かれた感じです。そんな橘玲『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』の感想です。
2020.03.08
スポンサーリンク