☆3

読書感想文

【本の感想】ゲイル・キャリガー 『アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う』 川野靖子訳

アレクシア女史が臨月間近であっても大立ち回りする物語です。ミステリよりもアクションと脇役の深堀りが印象的です。そんなゲイル・キャリガー『アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う』川野靖子訳の感想です。
2019.01.20
読書感想文

【本の感想】ゲイル・キャリガー 『アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う』 川野靖子訳

不幸な誤解から放逐されたアレクシア女史が苦労しながらヨーロッパを半横断する物語です。冒険とアクションが詰まっていますが、恋愛成分は減っています。そんなゲイル・キャリガー『アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う』川野靖子訳の感想です。
2019.01.03
読書感想文

【本の感想】半村良 『新装版 戦国自衛隊』

演習中に突如戦国時代へタイムトラベルした自衛隊が活躍する物語です。守るべきものは何かを内省したり、兵器の強さではなく戦術を多用して敵に挑む姿、歴史を知っていれば分かるささやかなユーモアが面白いです。そんな半村良『新装版 戦国自衛隊』感想です。
2018.12.24
読書感想文

【本の感想】アントニイ・バージェス 『時計じかけのオレンジ 完全版』 乾信一郎訳

主人公の超暴力、スラングだらけの特殊な言葉遣いが印象的な、犯罪と改悛にまつわる倫理を問う一冊です。主人公はどうしようもないやつですし、完全版の部分は蛇足だと思います。そんなアントニイ・バージェス『時計じかけのオレンジ 完全版』乾信一郎訳の感想です。
2019.01.01
読書感想文

【本の感想】デーヴァ・ソベル 『経度への挑戦』 藤井留美訳

「正確な経度を測ること」に挑んだ時計職人の科学読み物です。今では当たり前となっていることを掘り起こして科学技術の素晴らしさを伝えています。そんなデーヴァ・ソベル『経度への挑戦』藤井留美訳の感想です。
2019.01.02
読書感想文

【本の感想】上田早夕里 『妖怪探偵・百目 2 廃墟を満たす禍』

SFと妖怪を融合した不思議な小説です。近未来SF度合いも妖怪度合いも深度が増しています。その面白さは一作以上です。敵役目線で語られる内容はスケールが大きく、本巻が大きな起点となっています。そんな上田早夕里『妖怪探偵・百目 2 廃墟を満たす禍』感想です。
2019.01.01
読書感想文

【本の感想】上田早夕里 『妖怪探偵・百目 1 朱塗の街』

SFと妖怪を融合した不思議な小説です。近未来SFの用語やガジェットが次々と出てきます。妖怪も当たり前のように出てきます。しかし、違和感はありません。この違和感の無い設定、妖怪と人間の違い、妖怪が語る人間考察が面白いです。そんな上田早夕里『妖怪探偵・百目 1 朱塗の街』感想です。
2019.01.01
読書感想文

【本の感想】上田早夕里 『火星ダーク・バラード』

上田早夕里のデビュー作であり、第四回小松左京賞を受賞した『火星ダーク・バラード』の感想です。火星を舞台にしたハードボイルド小説でありSF小説ですが、ハードボイルドが強すぎて火星とSFは喰われた感があります。可も不可もない面白さでした。
2019.01.01