2012年発行

読書感想文

【本の感想】ゲイル・キャリガー 『アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る』 川野靖子訳

英国パラソル奇譚の五作目にして完結作です。本作では娘と親友の活躍し、ベータが苦悩しながらもボーイズラブに安寧を求める物語です。そんなゲイル・キャリガー『アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る』川野靖子訳の感想です。
2019.01.20
読書感想文

【本の感想】ゲイル・キャリガー 『アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う』 川野靖子訳

アレクシア女史が臨月間近であっても大立ち回りする物語です。ミステリよりもアクションと脇役の深堀りが印象的です。そんなゲイル・キャリガー『アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う』川野靖子訳の感想です。
2019.01.20