ハヤカワ文庫SF

スポンサーリンク
読書感想文

【本の感想】スコット・ウエスターフェルド 『ゴリアテ ロリスと電磁兵器』 小林美幸訳

リヴァイアサンシリーズ最終巻ではアメリカを舞台に少年少女が活躍します。そんなスコット・ウエスターフェルド 『ゴリアテ ロリスと電磁兵器』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】スコット・ウエスターフェルド 『ベヒモス クラーケンと潜水艦』 小林美幸訳

妖しげな街のイスタンブールが魅力的です。そんなスコット・ウエスターフェルド 『ベヒモス クラーケンと潜水艦』の感想です。
2020.02.27
読書感想文

【本の感想】スコット・ウエスターフェルド 『リヴァイアサン クジラと蒸気機関』 小林美幸訳

世界観が魅力的で面白いです。そんなスコット・ウエスターフェルド 『リヴァイアサン クジラと蒸気機関』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】アーサー・C・クラーク 『都市と星 [新訳版]』 酒井昭伸訳

オリジナルは1956年発行ですが、すでにMORPGとVRが描かれていて驚かされます。しかし、旅路は尻すぼみな話で、なんだか残念な読後感になります。そんなアーサー・C・クラーク『都市と星 [新訳版]』の感想です。
2020.03.08
スポンサーリンク