ファンタジー

読書感想文

【本の感想】ゲイル・キャリガー 『アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る』 川野靖子訳

英国パラソル奇譚の五作目にして完結作です。本作では娘と親友の活躍し、ベータが苦悩しながらもボーイズラブに安寧を求める物語です。そんなゲイル・キャリガー『アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る』川野靖子訳の感想です。
2019.02.16
読書感想文

【本の感想】ゲイル・キャリガー 『アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う』 川野靖子訳

アレクシア女史が臨月間近であっても大立ち回りする物語です。ミステリよりもアクションと脇役の深堀りが印象的です。そんなゲイル・キャリガー『アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う』川野靖子訳の感想です。
2019.02.16
読書感想文

【本の感想】ゲイル・キャリガー 『アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う』 川野靖子訳

不幸な誤解から放逐されたアレクシア女史が苦労しながらヨーロッパを半横断する物語です。冒険とアクションが詰まっていますが、恋愛成分は減っています。そんなゲイル・キャリガー『アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う』川野靖子訳の感想です。
2019.02.16
読書感想文

【本の感想】ゲイル・キャリガー 『アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う』 川野靖子訳

19世紀イギリス、ビクトリア朝、吸血鬼と人狼、ゴーストと共存するロンドンで勝気な25歳のオールドミス、アレクシア女史が自由奔放に活動する様が楽しめる恋愛小説です。そんなゲイル・キャリガー『アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う』川野靖子訳の感想です。
2019.02.16
読書感想文

【本の感想】ゲイル・キャリガー 『アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う』 川野靖子訳

19世紀イギリス、ビクトリア朝、吸血鬼と人狼、ゴーストと共存するロンドンで勝気な25歳のオールドミス、アレクシア女史が自由奔放に活動する様が楽しめる恋愛小説です。そんなゲイル・キャリガー『アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う』川野靖子訳の感想です。
2019.02.16
読書感想文

【本の感想】上田早夕里 『妖怪探偵・百目 3 百鬼の楽師』

妖怪探偵・百目シリーズ最終巻です。強大な敵に対する闘いの駆け引きと、敵の敵は味方論であっても思惑交じりの駆け引きが楽しめます。前作、前々作に比べて面白さがぎゅっと凝縮されています。そんな上田早夕里『妖怪探偵・百目 3 百鬼の楽師』の感想です。
2019.02.16
読書感想文

【本の感想】上田早夕里 『妖怪探偵・百目 2 廃墟を満たす禍』

SFと妖怪を融合した不思議な小説です。近未来SF度合いも妖怪度合いも深度が増しています。その面白さは一作以上です。敵役目線で語られる内容はスケールが大きく、本巻が大きな起点となっています。そんな上田早夕里『妖怪探偵・百目 2 廃墟を満たす禍』感想です。
2019.02.16
読書感想文

【本の感想】上田早夕里 『妖怪探偵・百目 1 朱塗の街』

SFと妖怪を融合した不思議な小説です。近未来SFの用語やガジェットが次々と出てきます。妖怪も当たり前のように出てきます。しかし、違和感はありません。この違和感の無い設定、妖怪と人間の違い、妖怪が語る人間考察が面白いです。そんな上田早夕里『妖怪探偵・百目 1 朱塗の街』感想です。
2019.02.16