【お金】節税目的で明治安田生命「じぶんの積立」に加入しました

節税目的で明治安田生命「じぶんの積立」に加入しました。

理由

  • つみたてNISAは年間400,000円の枠を使い切っているから。
  • 企業型確定拠出年金のマッチング拠出も最大にしているから。
  • ソフトバンクから楽天モバイルに切り替えて月額5,000円の余裕があるから。
  • 「じぶんの積立」は一般生命保険料控除の対象だから。
  • ほぼノーリスクだから。

上記の五つが理由です。

つみたてNISAも企業型確定拠出年金のマッチング拠出も最大限、利用しています。そんな中、楽天モバイルへ乗り換えたところ、月額5,000円の節約ができました。そして「じぶんの積立」は一口5,000円から加入できます。さらに、一般生命保険料控除の対象でもあります。

言い換えると、

  • 他に投資する先がないこと(つみたてNISAもマッチング拠出も既に限界までしている)
  • 他の保険に加入していないこと(控除の枠に余裕があること)
  • 金銭的余裕がある(最低でも毎月5,000円が五年間必要だから)

ということになります。だったらやるしかないかなと思いました。

なお、つみたてNISAと企業型確定拠出年金で何に投資しているかは【資産運用】2019年の資産運用方針を、ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えた件は【お金】ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えて分かった格安SIM・MVNOのメリットとデメリットに書いています。

明治安田生命「じぶんの積立」

「じぶんの積立」の詳しいことはウェブサイトに書いてあり、加入時に説明を受けることになりますが、

  • いつでも100%以上の受取率・返戻率
  • 10年満期時の受取率は103%(払い込みは5年)
  • 一般生命保険料控除の対象

という特徴があります。この中で一般生命保険料控除の対象というのが魅力的でした。どれくらい控除されるかは「生命保険料控除制度」改正について4. 控除額の計算方法で分かる通りです。

私の場合、10年間で19.3%も得をする

300,000円がトータルで358,000円になって返ってきます。プラス19.3%です。以下は解説です。

積立分を10年後に受取ると仮定した場合、5,000円*12ヶ月*5年*103%=309,000円です。300,000円が309,000円になるので、プラス9,000円です。ここからさらに税控除があります。

  • 住民税控除は28,000円*10%*5年=14,000円 (税率10%で計算)
  • 所得税控除は(5,000円*12ヶ月*1/4+20,000円)*20%*5年=35,000円 (税率20%で計算)
  • 控除合計は14,000円+35,000円=49,000円

プラスの合計は9,000円+49,000円=58,000円

10年で得をする率は58,000円/300,000円=19.3%です。五年間毎月払い続けることで税控除を受け続け、積立分を十年後に受け取ることさえできればこれだけ得できます。

税法が変わらず、インフレがないという前提ではありますが、ほぼノーリスクといえるのではないでしょうか。

コメント