読書感想文

読書感想文

【本の感想】桜坂洋『All You Need Is Kill』

繰り返すことを前提としたアクションゲームやシューティングゲームが好きならばきっと楽しめます。そんな桜坂洋『All You Need Is Kill』の感想です。
読書感想文

【本の感想】三浦しをん『神去なあなあ日常』

自然と神様に寄り添って生活している様が面白いです。そんな『神去なあなあ日常』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アヴラム・デイヴィッドスン『どんがらがん』 殊能将之編

殊能将之編集によるアヴラム・デイヴィッドスン名作集はエドガー賞、ヒューゴー賞、世界幻想文学大賞の短編部門を受賞した作品を含んでいます。どれも癖のある作品ばかりです。そんなアヴラム・デイヴィッドスン『どんがらがん』の感想です。
2019.07.09
読書感想文

【本の感想】カレー沢薫『もっと負ける技術』

地味なテーマに著者の自虐は露悪となり、ネタは滑る。そんなカレー沢薫『もっと負ける技術』の感想です。
2019.06.24
読書感想文

【本の感想】カレー沢薫『負ける技術』

非モテ、非リア、ブス、オタクなどを後ろ向きなことを前向きに笑いに変えている自虐コラム集です。身に覚えがあればあるほど面白いです。そんなカレー沢薫『負ける技術』の感想です。
読書感想文

【本の感想】橘玲『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

自分で自分を活かすやり方と場所のヒントはありますが、できるかどうかも自分自身です。そうして話はぐるりと一周し、煙に巻かれた感じです。そんな橘玲『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』の感想です。
読書感想文

【本の感想】水野俊哉『ビジネス本作家の値打ち』

過去に何冊かビジネス本を読んだ後に、改めて本書を読めば突っ込みに笑えます。そんな水野俊哉『ビジネス本作家の値打ち』の感想です。
読書感想文

【本の感想】殊能将之『子どもの王様』

ジュブナイルだけどミステリーとしては子ども向け、迫り方は大人向けのブラックな感じです。そんな殊能将之『子どもの王様』の感想です。
読書感想文

【本の感想】殊能将之『キマイラの新しい城』

真面目にふざけている本です。「分かる人にだけ分かって楽しんでくれたらそれでいい」という著者の声が聞こえてくるようです。そんな殊能将之『キマイラの新しい城』の感想です。
読書感想文

【本の感想】殊能将之『鏡の中は日曜日』

凝り過ぎてよく分からない本でした。構成は面白く、過去と現在の対比にあるズレが面白いです。そのため、つまらないわけではありません。そんな殊能将之『鏡の中は日曜日』の感想です。