【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年前期 9問目

問題

問題9 営業事務管理に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.事務改善の目標は「安く、楽に、正しく、速く」処理できるようにすることである。
イ.営業パーソンが作成する契約書、見積書、納品書、請求書等は原始証憑げんししょうひょうと呼ばれる重要書類である。
ウ.営業活動と一体的な事務は、業務フローと関連付けて、どのタイミングでどの伝票を作成し処理するかを覚え、正確・迅速に処理する。
エ.営業活動に付帯して営業事務が発生するが、事務作業自体は価値を生み出すものではないので、常に顧客訪問を優先しなければならない。

解説

正解:エ

標準テキスト第三版67ページに営業事務管理の基礎知識について説明があります。以下、引用します。

事務作業はそれ自体が価値を生み出すものではないので、常に正確・迅速に処理するよう心がけると同時に、ムダな事務はないか、もっと簡素化したやり方はないか、もっと役に立つ資料にならないかなど、事務改善の視点で問題意識を持つことも必要である。

さらに71ページには「優秀な営業パーソンは顧客訪問優先を言い訳にしない」、「段取り術を見習うべき」と、厳しく書かれています。

コメント