【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年前期 7問目

問題

問題7 次の表は、ある販売エリアにおける月次販売目標である。各販売目標の必要活動数の算出結果を示した不等式の組合せとして正しいものは、次のうちどれか。

ある販売エリアにおける月次目標
ある販売エリアにおける月次販売目標

※コンタクト数:直接連絡を取った数
※アポイント数:面談の約束が取れた件数

ア.A>B、C>D
イ.A>B、C<D
ウ.A<B、C>D
エ.A<B、C<D

解説

正解:ウ

標準テキスト第三版50ページに必要アポイント数、必要プレゼン数の計算式があります。以下、引用します。

必要アポイント数=必要制約件数/コンタクト成功率
必要プレゼン数=必要成約件数/プレゼン数

A~Dに計算式を当てはめると以下のようになります。

A:20/30%=66.6
B:5/6%=83.3
C:20/80%=83.3
D:5/65%=7.69

コメント