【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年前期 6問目

問題

問題6 販売目標設定に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.営業パーソンに求められる販売目標設定とは、顧客満足を実現する、新規顧客を増やす、といった項目を設定することである。
イ.売上高を増やすためには、顧客数を増やす、販売単価を上げる、販売数量を増やす、のどれかしかない。
ウ.販売目標の設定は、達成度合いにより自分の成長を測ることもできるため、自己啓発の目安にもなる。
エ.営業部門内での販売目標額の各個人への割当額は、会社の方針や戦略に沿って決定されているので、営業パーソンはこれを義務として受け入れなければならない。

解説

正解:ア

標準テキスト第三版36ページに販売目標設定の意義と必要性の説明があります。以下、引用します。

顧客の創造と顧客満足の実現という、達成したい出来上がりの姿が目的である。その目的に対してどれだけ達成したかを客観的に測定できるように数値で表したものが目標である。
したがって、「顧客満足を実現する」や、「新規顧客を増やす」や、「一生懸命頑張る」などは、どれだけ達成できたか測定できないので目標とはいえない。

書かれているとおりです。数値で表せない項目は販売目標になりません。

コメント