【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年前期 5問目

問題

問題5 ABC分析に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.ABC分析は、顧客別に売上高貢献度、粗利益貢献度などの基準でランキングして区分する手法である。
イ.ABC分析を行うと、一般的に20%の顧客で全売上高の80%を占める傾向がみられる。
ウ.ABC分析は、顧客別に訪問頻度の適正化を図るなど、営業効率向上のための顧客分析に特有の手法である。
エ.売上高貢献度基準でCランクに区分されても、一律にBランク顧客よりも訪問頻度を下げない場合がある。

解説

正解:ウ

標準テキスト第三版42ページにABC分析の説明があります。以下、引用します。

ABC分析という顧客をランキングする手法で、重点顧客とその他の顧客を区分する。

分析結果をもとに、ランク別の訪問頻度と面談時間の標準を決めていきます。

コメント