【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年前期 4問目

問題

問題4 営業パーソンのPDCAに関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

ア.Plan段階では、必ず会社のビジョン、自分の仕事のミッションに沿って判断し、計画内容を考えなければならない。
イ.月次計画の目標達成を確実にするためには、週単位に偏重なく均等な行動計画を立てることが不可欠である。
ウ.年次計画と実績の差異が年前半で大きくなったら、計画の見直しを優先的に考えることが大切である。
エ.営業実績が月単位で出力される場合、出力され次第速やかに自己の実績データをCheckしてActionに結びつけることが大切である。

解説

正解:ア

標準テキスト第三版29ページにPlan(目標設定)の考え方の説明があります。以下、引用します。

目標設定ではまず、計画内容を考えるとき、どのプロセスにおいても、会社のビジョン、自分の仕事のミッションに沿って判断し、挑戦的な計画を作るという心構えで臨むことである。

書かれている通りです。計画内容を考えるときはどのプロセスにおいても、会社のビジョン、自分の仕事のミッションに沿って判断し、計画を作る必要があります。

コメント