スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年前期 39問目

問題

問題39 独占禁止法に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.独占禁止法は、「公正かつ自由な競争を促進する」ことを目的とする法律である。
イ.独占禁止法の規制対象である「私的独占」の判断においては、「一定の取引分野」の範囲の確定が必要とされる。ウ.独占禁止法の規制対象である「不公正な取引方法」については、実際に「公正な競争の阻害」が発生したことが要件となっている。
エ.独占禁止法の規制対象である「不当な取引制限」については、「競争を実質的に制限すること」が要件となっている。

解説

正解:ウ

標準テキスト第三版288~289ページに独占禁止法の不公正な取引方法について説明があります。以下、引用します。

独占禁止法が規制対象としている「不公正な取引方法」については、「公正な競争を阻害するおそれ」が要件となっている(同法2条9項)

書かれているとおりです。「公正な競争の阻害」ではなく、「公正な競争を阻害するおそれ」が要件です。

コメント