スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年前期 32問目

問題

問題32 法的手続きによらない債権回収方法に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

ア.債権者会議は、法的拘束力があり、決定事項には拘束される。
イ.債権者会議で、仮差押えや強制執行などの個別対応が可能である。
ウ.代物弁済とは、顧客の所有物について承諾がなくとも引き取って債権回収をはかることである。
エ.代物弁済で給付をうけたものに瑕疵<ルビ> かし<ルビ> があったときは、代替品の請求ができる。

解説

正解:イ

標準テキスト第三版216ページに債権者会議の説明があります。以下、引用します。

仮差押えや強制執行などの個別対応は可能である。

書かれているとおりです。

コメント