【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年前期 2問目

問題

問題2 マーケティングミックス(4P)に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.4Pとは、製品( Product)、価格( Price)、販路(Place)、プロモーション(Promotion)のことである。
イ.製品(Product)とは、企業が標的市場に提供する「価値」のことであり、モノだけでなく、品質、デザイン、ブランド、アフターサービス等までが含まれている。
ウ.現代の中心的な価格(Price)設定の方式は、買手の納得できる価格に合わせて製品を開発供給する需要志向価格設定である。
エ.プロモーション(Promotion)とは、製品、サービスに対する意識や関心を高め、販売を促進するために行うコミュニケーションのことであり、広告、販促、Webサイト、Eメール等があり、営業パーソンによる営業活動とは区別される。

解説

正解:エ

標準テキスト第三版19ページにプロモーションの説明があります。以下、引用します。

プロモーション(Promotion)は製品、サービスに対する意識や関心を高め、購買を促進するために行うコミュニケーションである。プロモーションの手段としては、広告、販売促進のインセンティブ、WEBサイトやeメール、PR、人的販売などがある。
プロモーションの中の人的販売の役割を担うのが営業パーソンである。

プロモーションの中に、営業パーソンが担う人的販売の役割があります。つまり、プロモーションと営業パーソンによる営業活動は区別されていません。

コメント