【本の感想】殊能将之『美濃牛』

殊能将之『美濃牛』 講談社講談社文庫) 、2003年発行を読みました。

『美濃牛』は、探偵石動シリーズの第一作です。『ハサミ男』でも出てきた雑誌名が出てくるため、世界観は同じかもしれません。

☆☆☆☆

長編ですが平易で読みやすいです。物語は長くスローテンポで進むのですが、軽快に読ませてくれるため長さを感じない面白さがあります。

探偵石動儀作が面白いです。どこかとぼけた感じのあるようで鋭いところもある、何かが間違ったキャラクターです。

江戸川乱歩や横溝正史を知らなくても楽しめます。

平易で読みやすい

作中で「平易に書く天才というものが存在する」と語っているシーンがあります。著者自身がそうだと言っているわけではありませんが、意識していることは間違いないでしょう。実際、長編なのに軽快に読ませてくれます。

様々な登場人物の視点で物語は進みます。本編に関係なさそうなうんちく話が続くこともあるのですが、分からなくても読ませます。その文章量で圧倒されるわけではなく、ただただ読ませてくる不思議な文体です。

構成で遊びもあります。最初の事件までにある父と子の牛に対する語りは完全な対比になっていて、途中で気づけば爆笑間違いなしです。著者が真剣に遊んでいる感が伝わってきます。

探偵石動儀作

彼にはとぼけたところが終始あります。鋭いところを示すのは事件が起きてからです。警察との会話で重要なことをさりげなく示唆します。探偵として雇われているわけではないので何かをするわけではないのですが、探偵らしいところを垣間見せます。

とはいえ、その鋭さよりも別の鋭さの方が面白いです。特に句会のシーンは、それだけとぼけておいて最後はそう来るのかという、拗らせた笑いを仕掛けてきます。

押しは強めで笑顔を絶やさず物怖じしないしぶとい男でもありますが、様々な人物の石動儀作の印象は、

「業界に巣食うチミモーリョーのたぐい」「どことなく怪しげな雰囲気を漂わせて」「謎めいた男」「退屈しない」「ゼネコンの手先」「すっとぼけた妙なやつ」「ふざけた野郎」「わけのわからないことに頭脳を浪費する」

……などなどです。このなんとも表現できない、食えない読めないところが探偵石動儀作の魅力です。そのあまりある魅力のためか、読了後にあまり印象が残らない人でもあります。

いうならば、「退屈はしないが、すっとぼけた、わけのわからないことに頭脳を浪費する、妙な、ふざけた野郎」です。

オマージュを知らなくても大丈夫

田舎の村、伝承、旧家の連続殺人事件、見立て殺人など昔のサスペンスドラマのような舞台です。元ネタを知っていれば楽しめるような内容らしいのですが、知らなくても大丈夫です。

知っていれば本来のシリアスさとは逆のユーモアににやにやできそうな気がします。とはいえ、知らなくても面白いものは面白いです。誰も正しく知らない伝承に対する突っ込みは、元ネタならばシリアスになるシーンなのでしょうが、知らなければその突っ込みにただただ笑うだけです。

さいごに

『美濃牛』は煙に巻かれているような面白さがあります。

連続殺人事件なのに緊張感はあまり感じられず、どこかのんびりとしています。知的に鋭く迫るというよりも、どこか間が抜けています。王道を全部ずらして笑いを混ぜ込んでいる感じがあちこちにあります。

シリアスな話なら在り得ない空気感が逮捕劇まで続きます。この空気感が面白く、感心させられました。探偵石動儀作を含む、村の登場人物のほとんどがそんな感じです。例外は被害者の多い旧家にとらわれた人々だけです。真相で知る話も含め、ここだけはシリアスです。

物語を振り返るごとに味があり、にやにやさせられる読後感があります。とはいえ、尾を引くような不気味さも残しつつ物語は終わります。読み返すとその不気味さが際立ちます。

それが面白いかはともかく感心させられます。

コメント