【本の感想】桜坂洋 『よくわかる現代魔法6 Firefox!』

桜坂洋 『よくわかる現代魔法6 Firefox!』 集英社集英社スーパーダッシュ文庫) 、2009年発行を読みました。『よくわかる現代魔法5 たったひとつじゃない冴えたやりかた』の続編です。

☆☆☆

前向きに明るく楽しく魔法と向き合って成長する主人公が楽しく、最後はちょっと寂しい物語です。

憧れの魔法使い

よくわかる現代魔法1  new edition』からたらいを召喚することに特化していた主人公がとうとう魔法に目覚めます。たらい以外も出せるようになりますし、『よくわかる現代魔法3 ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ』で教えてもらった方法で空も飛べるようになります。

普段からどちらかというとコンプレックス多めの彼女が楽しそうにしている様は読んでいて楽しくなります。

冒頭の出来事は夢の中の話ですが、そのボケた展開は実に彼女らしいで笑いを誘います。

Firefox

魔法使いと言えばマスコット的なキャラクタや使い魔です。それがFirefoxです。ブラウザ名で有名です。同じような姿形をしています。

特殊なことをしますが、話全体は女子高生が可愛いペットを飼って楽しそうにしているという日常の話です。

どこか抜けてて怖い特殊能力

とはいえ、可愛いだけでない特殊能力があります。そのため、物語の終盤では人を次々にたらいに変えていくというホラーのような展開になります。主人公のどこかのんびりしている性格が影響しているのか、作中ではホラーというよりもシュールな感じです。

さいごに

冷静に考えると怖いですが、特性を踏まえてどこか間が抜けてのんびりしているというのが面白いです。たらいしか召喚できないという特殊能力を今までで一番上手く描いていると思います。

そういう意味で、魔女の台詞がツボです。前作ではなぜその選択をしたのか分かりませんでしたが、その台詞を読むと、そういうことを予見していたのかなと思いました。

今までの主人公は、コンプレックス多めでお子様すぎる思考のため頭の痛い存在でした。シリーズを続けて読んで慣れただけかもしれませんが、今作ではほとんど感じず、むしろ強さを感じました。それがまた読後感を良くしています。

コメント