【本の感想】ゲイル・キャリガー 『アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う』 川野靖子訳

ゲイル・キャリガー  『アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う』 川野靖子訳、
早川書房ハヤカワ文庫FT) 、2012年発行を読みました。

原題は『HEARTLESS』です。全五部の英国パラソル奇譚の四作目です。

☆☆☆

アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う』、『アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う』 、『アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う』に続く、英国パラソル奇譚の四作目です。ロンドンに帰ったアレクシア女史は臨月間近の大きなお腹でもアレクシア女史らしい活躍をみせてくれます。

臨月間近のアレクシア女史

冒頭から社会的地位のある三人の男を相手に睨みつけるところから始まります。若干、精神的に不安定になったり、お腹のちび迷惑に振り回される時もありますが、臨月間近でもアレクシア女史はアレクシア女史です。その強さは変わりません。

脇役たちの新しい秘密やアレクシア女史を中心とした状況もなんのその、持ち前の強さで物事を解決していきます。

その様は今までと変わりませんが、オクトマトンというタコ兵器にロンドンは破壊され、吸血鬼群には異動を迫るなど、やることは大きくなっていきます。

物語は佳境に近づく

一方で、脇役たちの変化が物語に華を添えます。友人の意外な才能や教授の隠された過去など、見どころはたくさんあります。BLの香りもしますが、マコン夫婦の熱愛ほどの直球はありません。

徐々に全貌が見え始め、物語が佳境に入っていくのですが、まだまだとっ散らかってる感もあります。その部分に物足りなさはありますが、派手なアクションで物語は押し流されていきます。

さいごに

『アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う』というタイトルですし、その為の調査もありますが、ミステリー感はありません。あくまでも本作はアレクシア女史が臨月間近であっても大立ち回りする物語です。

そこには変わらない面白さがあります。それだけでなく、脇役たちの深堀りが今まで以上にされていることも面白さの一部になっています。

そうして物語が大きく動いたのが本巻です。最後に明らかになるちび迷惑の能力の不思議さも合わさって次巻の『アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る』が楽しみな終わり方です。

コメント