スポンサーリンク

【本の感想】アガサ・クリスティー 『アクロイド殺し』 羽田詩津子訳

アガサ・クリスティー 『アクロイド殺し』 羽田詩津子訳、早川書房ハヤカワクリスティー文庫電子書籍版)、2011年発行を読みました。

原題は『The Murder of Roger Ackroyd』です。

☆☆☆☆

ゴルフ場殺人事件』に続く、名探偵エルキュール・ポアロシリーズの三作目です。『スタイルズ荘の怪事件』から登場していたヘイスティングズは出てきませんが、代わりの人物がヘイスティングズの代わりとなっています。その彼から見えるポアロが面白いです。

ポアロから見たヘイスティングズ

ヘイスティングズは出てきませんが、ポアロがヘイスティングズをどのように見ていたかは分かります。以下、引用します。

「(省略)長年、わたしのそばを離れたことがなかった友人です。ときどき、ぞっとするほど馬鹿げた真似をしたが、とても大切な友人だったのです。その愚かささえ、今じゃ懐かしいほどですよ。天真爛漫さ、正直な風貌(省略)」

「まず最初に、物事は論理的に見なくてはならない――」
「まさにヘイスティングズがいつもいっていたことです」ポアロが口をはさんだ。「しかし悲しいことに、一度も実行したことがなかった!」

という具合です。愛のあるコメントではあるのですが、けっこうひどいことを言っています。そのひどいコメントと愛情に、思わずにやにやしてしまいました。

おもわせぶりなポアロ

ほのめかしたり、最後まで言わずに語尾をあやふやな感じにしてどうとでもとれるようにしたりと、おもわせぶりなポアロの姿をたびたび見かけます。

知っているけどしゃべらないのか、実は知らないのか。誰かに依頼をするときもどこまでが必要で、どこまでが不要なのかが分かりません。

知的な策略家ポアロの意味深ふるまいにやきもきさせられました。やきもきしないのは、恋に落ちた愚か者への対応だけです。この、全部分かっているポアロおじさんの粋な計らいというのもポアロの魅力ですね。

恋以外の配慮はおもわせぶりなところもあって分かりにくいです。とはいえ、それで話が冗長になるわけでもなく、後でそれが何かが分かるので、ただただポアロが素晴らしい紳士であることが再確認できます。これも魅力の一つですね。

さいごに

最後は驚かされます。

最後の章で犯人が自賛するところがあります。事件は解決するわけですから、ポアロはそれに気づいたということです。それ故におもわせぶりな言葉で指示を出し、情報を集めていたわけです。読み返してみると、それがどのあたりなのか、目星をつけられるようになっています。

この犯人が自賛するところは読者への挑戦ともとれます。そう思って読み返すとまた驚きと納得があると思います。

最後のオチはまんまとポアロにやられた犯人の独白で終わります。ユーモアがあって面白いです。以下引用します。

それにしても、エルキュール・ポアロが仕事を引退して、カボチャ栽培のためなどにここに来なければよかったのにと思う。

捕まる犯人はみんなそう思うでしょう。 激しい後悔ではなく、やれやれ感がいい味を出しています。

コメント