スポンサーリンク
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『青列車の秘密』 青木久惠訳

ポアロに「この事件は”わたしたちの探偵小説”ですよ」と言われたグレーの目をした淑女と、年輩の紳士らしいポアロの対応が魅力的です。そんなアガサ・クリスティー 『青列車の秘密』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ビッグ4』 中村妙子訳

ポアロvs国際犯罪組織。まるでスパイ小説、二次創作のような展開が楽しめます。そんなアガサ・クリスティー 『ビッグ4』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『アクロイド殺し』 羽田詩津子訳

ヘイスティングズは登場しないのにその愛情を感じます。そして犯人にとっての災難が感じられます。そんなアガサ・クリスティー 『アクロイド殺し』の感想です。
2020.03.22
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ゴルフ場殺人事件』 田村義進訳

名探偵エルキュール・ポアロシリーズの二作目です。読みやすい構成と大人なポアロと対照的な刑事がいい味を出しています。そんなアガサ・クリスティー 『ゴルフ場殺人事件』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】スコット・ウエスターフェルド 『ゴリアテ ロリスと電磁兵器』 小林美幸訳

リヴァイアサンシリーズ最終巻ではアメリカを舞台に少年少女が活躍します。そんなスコット・ウエスターフェルド 『ゴリアテ ロリスと電磁兵器』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】スコット・ウエスターフェルド 『ベヒモス クラーケンと潜水艦』 小林美幸訳

妖しげな街のイスタンブールが魅力的です。そんなスコット・ウエスターフェルド 『ベヒモス クラーケンと潜水艦』の感想です。
2020.02.27
読書感想文

【本の感想】スコット・ウエスターフェルド 『リヴァイアサン クジラと蒸気機関』 小林美幸訳

世界観が魅力的で面白いです。そんなスコット・ウエスターフェルド 『リヴァイアサン クジラと蒸気機関』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『スタイルズ荘の怪事件』 矢沢聖子訳

ミステリの古典として、ミステリーの女王アガサ・クリスティーのデビュー作として、名探偵エルキュール・ポアロ初登場作として読むと面白いです。そんなアガサ・クリスティー『スタイルズ荘の怪事件』の感想です。
2020.03.20
読書感想文

【本の感想】大山尚利 『ブラックラジオ』

ラジオを題材にした不愉快な短編集です。そんな大山尚利『ブラックラジオ』の感想です。
2020.03.08
読書感想文

【本の感想】アントニオ・メンデス、マット・バグリオ 『アルゴ』 真崎義博訳

映画『アルゴ』の実録版です。元CIA局員が語る世界は地味な裏側の世界です。そんなアントニオ・メンデス、マット・バグリオ『アルゴ』の感想です。
2020.03.08
スポンサーリンク