「 読書雑文 」一覧

[読書雑文]『「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活』鈴木猛夫

『「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活』鈴木猛夫を読みました。戦後、日本人の食生活の変化の裏側にあったアメリカと日本の思惑について書かれています。

アメリカの小麦戦略

世界的穀倉地域であるアメリカの農業は大量生産です。戦争中ならば軍隊が、戦争直後であれば国土を荒らされた国がその消費先となります。しかし、戦争もなく復興もすれば余剰が生まれます。

興味深いのが余剰作物を減らすという考えはなく、あくまでも消費先を探し、なければ作ろうとするアメリカの動きです。政治的経済的思惑を組み合わせたアメリカの動き方は見事としかいいようがありません。

もちろん、日本が食糧難だった時代もあります。しかし、食糧難でなくなっても日本に市場を作るための働きかけとして、政治的な取り決めで潤沢な資金を発生させ、その資金を元に宣伝を繰り返しました。その結果、日本では小麦を食べることが当たり前になりました。

アメリカの思惑だけでなく、日本がアメリカをありがたがった時代ですし、小麦食普及のためにいい意味でも悪い意味でも乗っかった日本人もいます。その善し悪しは別にして、今の日本人の食生活を見れば、アメリカの完全勝利といえることが分かります。

その結果、戦前あった脚気のような病気はなくなり、肥満や生活習慣病が蔓延しているというのは随分と皮肉な話です。

日本人と白い米

脚気の問題は食べ物が身体を作るということを証明しています。科学的証明はないがなんとなく良くないことが分かっていても食べ続けてしまう白米の魅力がどこから生まれてきたかというのは興味深い話です。

明治までは都市に広がる謎の病気だった脚気が明治以降の軍隊で大きく問題になり、陸海軍がその原因究明をして一定の成果が見えても陸海軍内の争いで決着がつかない話は、どんなことでも仲の悪い陸海軍を笑うしかありません。そして同時にそこまで研究を続けていたことに驚きました。この頃から胚芽米や分づき米を考え、味と保存の両側から最適解を求めようとしたわけです。

そこまで根深い問題として米が議題になったのは、白い飯を腹一杯食べることが贅沢であり、その当たり前の贅沢から逃れられなかったからなのでしょう。あくまで米を中心に考えるということも興味深いところです。

日本人と栄養学

食生活が急激に変化したこと、変化の根底にある欧米型栄養学のおかしさ、戦前戦後の病気と食生活の違いなど、歴史をふまえた上で主張される日本型栄養学は興味深い内容です。

科学や数字にどれだけ振り回されているかが分かるかと思います。しかしながら、欧米型の身体に良くないだろうがおいしい食べ物(クスリは苦いものですし)に慣れてしまった今となっては意識しないと難しいのではないかと思います。

ちなみに第一部の「アメリカ小麦戦略」と学校給食と第二部の日本人の食生活と栄養学を比べると、第二部は著者のイデオロギーが強く出ているように思います。いわんとせんことは分かりますし、間違っているとも思いませんが、読んでいて少し気になりました。

日本型食生活崩壊の原点

和食が良いと言われながらも周りはカロリーに支配された欧米型食生活が中心になっています。安価でおいしいのだから仕方ありません。

戦後日本は食糧難でそこから欧米型食生活が広がっていったと今までは思っていました。そのとおりではありますが、裏側にはアメリカが周到に準備し、市場を作るために努力をしたことが本書を読むことでよく分かりました。

日本側には受け入れる土壌があった、受け入れざる得ない事情もあったわけですが、食生活を守ることよりも経済的な復興を優先した結果と言えばそれまでなのかもしれません。結果的に、アメリカは日本に対し経済面食料面を武器にもう一つの戦争を仕掛け、大勝利をおさめたわけです。

帯には「日本型食生活崩壊の原点」と書かれています。その通りだと思います。


[読書雑文]『粗食のすすめ 新版』幕内秀夫

『粗食のすすめ 新版』幕内秀夫を読みました。『粗食のすすめ』は発売されて十五年が経ちました。旧版に加筆、修正、削除などを行った上で再編集したのが本書です。

旧版から十五年

旧版と主張するところは変わっていません。しかしながら、粗食度テストや施設ガイド、本の紹介などは削除されていたり、危険と決めつける表現も変わっているため、攻撃的だったところが減ったようにように思います。これは『粗食のすすめ』が発売されてから十五年経ったことの自信のあらわれなのでしょう。

主張する内容はシンプルです。細かいことは考えず、昔の日本人はどのような食生活だったのかを思い返し、実践すれば本物の健康をつくることができるというものです。

本書の主張するシンプルな内容とは

  • できるだけ玄米に味噌汁、漬け物を食べること。
  • できるだけ加工される前の状態の食物をできるだけまるごと食べること。
  • 季節や風土にあった食物を食べること。

「季節や風土にあった食材をできるだけ未精製で食べよう。」一言でまとめるとそれだけです。

その理由は以下の通りです。

  • 人の体は何を食べていたかで決まる。
  • 栄養素や食材の良い悪いは全て分かっていないので情報に振り回される必要はない。
  • だから祖先の英知がつまった昔の食事を行えばよい。
  • 昔の食事は季節ごとの食材をまるごと食べる粗食だった。

より詳しく理由を確認したいのであれば一読をお勧めします。

実践する価値はあるか

当て推量のような表現もありますが、内容はシンプルなため実践することは簡単です。なぜかよく分からないけど体の調子が思わしくないのであれば、本書の内容を実践する価値はあります。

本書以外にも著者名で検索すると関連レシピ本もでてきます。本書を読んでうなづけるところがあるならば関連レシピ本も続けて読めばよいと思います。

体験して言えることとして、便秘は解消され糞便も臭くなくなります。他は複合的な理由があるのでなんとも言えません。それでも「粗食」をやめていた時期は、本書のケーススタディの前のような状態になったのも事実です。

その時は「食源病」という言葉を思い出しました。だからこそ実践する価値はあります。


[読書雑文]『なにを食べたらいいの?』安部司

『なにを食べたらいいの?』安部司を読みました。『食品の裏側』『食品の裏側2』の著者が、添加物だらけの食卓と添加物を減らすための心がけについて語っています。

裏側とほぼ同じ

『食品の裏側』と『食品の裏側2』を読んだことがあるのならば読む必要はありません。食品添加物が広がっている現状は過去の二冊で触れられているとおりだからです。過去の二冊にタイトルの「なにを食べたらいいの?」を一章追加しているにすぎません。

逆に、過去の二冊を読んだことがないのであれば、この一冊で食品添加物がたくさん使われている現状とその利便性が分かるかと思います。


[読書雑文]『食品の裏側 2 実態編』安部司

『食品の裏側 2 実態編』安部司を読みました。副題は『やっぱり大好き食品添加物』です。『食品の裏側』第二弾です。食品にどれくらい食品添加物が使われているかを様々な例で説明しています。さらに、添加物が今の食生活にどれだけ欠かせなくなっているかが書かれています。

実態編

「実態編」というだけあって、第1章、第2章は圧巻です。普段、成分表を見なくてもこの二つの章では食品添加物がどれほど使われているかが否応なしに分かります。後の章では添加物が使われている背景を説明しています。

たくさん含まれている食品添加物

ていねいに読めば読むほど食品添加物の多さに頭がクラクラします。

よく分からない漢字とカタカナの羅列である食品添加物の解説を読むと、その食品添加物の必要性に疑問を感じてしまいました。商業的には必要なのでしょうが、味わう上で必要かというと分からないものが多すぎるように思います。

食品添加物は便利すぎる

食品添加物の考え方が足し算にあるのは商売の都合もあるのでしょう。搾り取られた濃縮還元に無くなった栄養素を追加している例のように、食物が工業品として生産され利益を追求した結果が食品添加物の大量投入を招いているというのは皮肉な話です。

一方で、食品添加物の大量投入を招いた消費者についてもコメントしています。食品添加物を気にしていないために求めた行動とも言えますが、規格化された製品のような形やきれいさを求めた結果が食品添加物の大量投入であり、もはや避けようのない状況にあるというのは笑えない話です。

食品添加物とどう付き合うか

自然とは考えにくい食品添加物との付き合い方や考え方として著者はある結論を出しています。食品添加物に対し、人間がどこまで耐えられるか分からない以上、その結論になるのも当然だと思います。

人間は食べ物からつくられています。

身体に及ぼす効果がよく分かっていないものが添加されているものを食べているということは、ある意味で人体実験と変わりません。食べ物の遺伝子組み換えは避けられても添加物がいつのまにか食べています。その状況を鑑みると、食生活の原点回帰も悪くないと思います。

多量に摂取しても食品添加物は人体に影響を及ぼさないのかもしれませんが、SFなら未来に新人類が誕生して進化するか、滅びていくかするのでしょう。


[読書雑文]『食品の裏側』安部司

『食品の裏側』安部司を読みました。副題は『みんな大好き食品添加物』です。食品添加物の世界は食品がよく見える光の部分と食品添加物そのものの影の部分を食品添加物の専門商社の社員だった著者が語っています。

食品添加物

安さと利便性を求める消費者と物を売りたい企業の着地点が食品添加物を使った食品です。使われている食品添加物が何から作られ、何をして、どれくらいの量が使われているかが書かれています。いうなれば食品添加物の情報公開です。

常識的に考えて

その内容は感情や常識にうったえる形をとっています。そのため、難しい話はないのですが、どこか物足りない話が多いです。また、子どもの話がでてくるため若干あざとさを感じます。

しかしながら、食品添加物のすごさは冒頭の白い粉から作られる豚骨スープの事例であったり、今までだめだった食品が食品添加物を使うだけで売り場に並べられる品質になる事例を読むとよく分かります。

著者はそういうことができる食品添加物は常識的に考えるといいものなのかということを繰り返し言っています。常識を考えると悩ましいところですが、知らない方が良かったと思う一面もあります。

分かってから考える

そうというのはスーパーで食品を買うにしろ、外食をするにしろ、食品添加物からは逃れることが出来ない状況だからです。本書では少なくとも食品を買う際に見分ける方法や食品に記載されている食品添加物がどのようなものかは分かります。

分かった上で選ぶのは消費者です。しかし、読み終えた後は食品添加物を無くす生活はできそうもないことを思い出し、「何を食べたらいいのだ」と悩むこと間違い無しです。


スポンサーリンク
アドセンス