[読書雑文]『U35世代のリアル』僕らの仕事プロジェクト

『U35世代のリアル』僕らの仕事プロジェクトを読みました。2006年に二十代後半から三十代前半だったU35世代の男女二十人の仕事観、人生観、不安や悩み、今後のビジョンを取材してまとめています。

全員実名

全員実名であることに驚きました。この手の物は影響を考えると匿名で答えるのが当たり前だと思っていたのですが全員実名です。

20名のうち、早稲田3名、東大2名、明治と慶応が1名ずつと学歴は若干偏っているように思えます。就職氷河期のはずですが、彼らの仕事は広告代理店、証券、都市銀行、世界的ソフトウェアベンダー、経営者などです。そうでない人もいますが、偏りを感じずにいられません。取材に実名を応じるだけの自信がある人を集めた結果なのかもしれません。

意識の高い前向きさ

彼らは全員前向きで活動力があります。実名だからなのかもしれませんが、どこまでも前向きな姿は、彼らのようでなかったU35世代付近としては違和感を覚えました。語られている内容は、ビジネス書や自己啓発書界隈に感じる意識の高い前向きさと同じです。リアルのようでリアルでない感じがしてなりません。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス