[読書雑文]『もし高校野球のマネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』岩崎夏海

『もし高校野球のマネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』岩崎夏海を読みました。ドラッカーの『マネジメント』を参考に弱小高校野球部を甲子園へ導く物語であり、物語の形をとった『マネジメント』の宣伝本です。

すがすがしいまでの宣伝っぷり

高校野球部を強くするためにドラッカーの『マネジメント』を使うのですが、ここまですがすがしくドラッカーの『マネジメント』をお勧めされるとは思ってもみませんでした。

内容は進研ゼミをがんばったら成績が上がって幸せというものと同じです。そう思ってしまうと、なんともいえない文章であったり、物語であったり、登場人物については突っ込みではいけないように思えるから不思議です。

何かがあったら『マネジメント』

とにかく困ったら『マネジメント』を読み、問題が解決されるということの繰り返しです。該当箇所の引用がページ付きでされているため、『マネジメント』の引用部分はこうやって活用するのだと、読み解く力さえあれば野球部を強くするためであっても『マネジメント』は役に立つのだと、何度も何度も宣伝されているかのようでした。

「小説で分かるドラッカーの『マネジメント』」、「『マネジメント』はあらゆることに応用できる」などのキャプションをつけてもいいように思います。もちろん最後は、主人公が読んだ『マネジメント』の紹介もあり、どこまでもストレートにドラッカーの『マネジメント』をお勧めしています。

感動か恐怖か

そういう内容なので、素直に感動するか、ひたすら突っ込みかのどちらかになろうかと思います。主人公はそれでいいのでしょうが、付き合うことになった病院の友人のことを思うと、終盤の安い感動は恐怖を感じます。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス