[読書雑文]『「本が売れない」というけれど』永江朗

『「本が売れない」というけれど』永江朗を読みました。「本が売れない」という状況をざっくりと紹介しています。

「本が売れない」状況

街の本屋、ネットの本屋、活字離れ、電子書籍、ランキングと目線をかえて「本が売れない」といわれている状況がどのようなものかが分かりやすい言葉で書かれています。

そこから分かることは、薄利多売の、特に多売状態がここ数年続いており、構造的に疲労していることです。その構造はただでさえ読者に本が届きにくくなった状況がさらに悪化しています。読者不在です。

本の対する見方や手に入れる手段を変えないと欲しい本は手元に届きませんし、店を構えるだけではメシを食っていけないということが「本が売れない」ということでしょう。ネットが変えた状況に本の売り側がついていけていないから「本が売れない」のだと思います。

薄利多売に多種少量

薄利多売に多種少量が合わさっている状況です。形ある物を売る商売として破綻しているようにしか思えません。変化に乏しい街の本屋さんもつぶれるわけです。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス