[読書雑文]『10分あれば書店に行きなさい』齋藤孝

『10分あれば書店に行きなさい』齋藤孝を読みました。街の書店へ行けば様々な知的興奮が見つかる、知的エネルギーのパワースポットである書店の使い方、楽しみ方を紹介しています。

書店愛あふれる表現

本の題名が全てを表現しています。街の書店へ行きたくなるモチベーションアップ本です。大げさな表現が面白く、新書を勧めているのが特徴的です。

ちょっと怪しげな自己啓発やビジネス書のような大げさな表現が続きます。その表現は様々ですが、全てにおいて街の書店は素晴らしいと主張されているため、街の書店が好きな人ならさもありなんとうなづくところが多いかと思います。

ひとくくりにすると以下のようになります。

街の書店は知的エネルギーの集積されている場所であり、ある種のオアシスであり、潜在能力を引き出すパワースポットであり、癒しの空間である。頭の健康を維持する、メンテナンスをするために必要なことが書店通いである。

比較的書店へ行く身としてはやり過ぎと思うと同時に、ずいぶんと心をくすぐられました。

まずは新書を、続いて類書を探して読む

深く考えないで新書コーナーへ行けば様々なジャンルの新書に出会えます。特定のジャンルをどう歩いていいか分からないなら最初の入り口として新書を手に取ることで幅が広がることもあるでしょう。

そういう意味ではたしかに新書は素晴らしいのです。その素晴らしさをひとくくりにすると以下のようになります。

新書の楽しみは森羅万象の道の世界に踏み込めることであり、その広さは日本の文化エネルギーまたは知性エネルギーが結集しているといっても過言ではない。新書コーナーに立ち寄れば書店内を歩き回って知的興奮を探すのと同じ効果がある。世の中の奥深さを垣間見ることが出来る。

書店と新書を勧める芸のような

新書は数が多すぎます。すぐ読めるからいいようなものの、本のタイトルに惹かれて見ても中身が残念な新書が増えているような気がしてなりません。そのため、熱く語られてもなんだか冷めてしまいます。

とはいえ、ぶらり買いやすぐに欲しい本は書店、まとめ買いはネットと分けている身としては「暑苦しいなぁ」と思いました。一種の芸ですね。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス