[読書雑文]『喰らう読書』荒俣宏

『喰らう読書』荒俣宏を読みました。副題は『一番おもしろい本の読み方』です。

沢山の本を読み、著作のある本好きの作家が語る読書です。喰らうように本を読む内容は、本好きなあまり、語るべき主題を補強するために紹介する本の話が中心となり、主題がおいてけぼりになる傾向があります。

そのため、結局何がキモなのかがよく分からず、一つの章が終わるたびに章の題名を見返して読み返すのですが、それでもよく分かりません。

本は買う。手元に置いて読む。読んだ本からつながる本を読む。どんな本でも楽しみ方は色々ある。集める。などが読書術らしい内容です。

オタクはかく語りき

オタクは語り始めると本筋から話がそれて自分の好きなことを語り始めます。本人は本筋と関連のあることを語っているつもりなのですが、受け手はそう感じません。そのため受け手は困惑し、呆れ、取り残された感がします。本書もそれと同じです。

伝わってくるのはただただ本が好きなんだということです。荒俣宏ファンであり、著者の読書傾向が分かっていれば、また違った見方になるかもしれません。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス