[読書雑文]『ぼくはこんな本を読んできた』立花隆

『ぼくはこんな本を読んできた』立花隆を読みました。副題は『立花式読書論、読書術、書斎論』です。

知的好奇心、体験的独学論、実践的な仕事と一般教養の読書十四条、私的書評論、本の保管、仕事用の机、読んできた本の振り返り、幅広いジャンルの読書日記など、立花式がこれでもかと詰め込まれています。

著者は本のためにビルを建て、秘書を雇い、さらにひたすら本を読み記事を書いています。本に囲まれる生活をしている人や、そのような生活に憧れる人からすれば、著者の語る本にまつわる様々な話には大いに好奇心がくすぐられるか圧倒されるでしょう。

あくなき知的欲求

知的欲求を実用と純粋の二つに分け、自身の知的欲求を説明しています。

「知りたいから知りたいんだ」「知ることはすべての生物の基本的な欲求なんです」と著者は語ります。知的欲求に対する子供のような無邪気さと、ただひたすらに求めるがままに吸収しようとする貪欲さには驚かされました。

読書術

その結果が資料として大量にある本です。知的欲求を満たすための読書術として書かれている内容は、効率的に特定の内容を知る方法です。その方法として関連ジャンルの本を大量に読むやり方について書かれています。

たしかに大事な内容はどの入門書にも共通しています。何冊も読めばどこかで見たことある内容を見かけます。書き方は異なっていたとしても何度も読むことと変わりません。一冊をていねいに読んでノートなどとるようなことはせず、ひたすら本を読むべきとしています。

膨大な本を背景に語られる読書術は強い説得力があります。

書評について

本を手に取る価値があるかどうかが端的に書かれている書評が必要だとしています。情報は最小限、語り手の身辺状況など不要とばっさり斬っています。

読書日記はたいへんシンプルです。書評についてもやもやとした考えがあった中、このようにはっきり言いきられるとたいへん気持ちよかったです。ちなみに小説書評はありません。これは著者がフィクションをほとんど読まないためです。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス