[読書雑文]『食品の裏側 2 実態編』安部司

『食品の裏側 2 実態編』安部司を読みました。副題は『やっぱり大好き食品添加物』です。『食品の裏側』第二弾です。食品にどれくらい食品添加物が使われているかを様々な例で説明しています。さらに、添加物が今の食生活にどれだけ欠かせなくなっているかが書かれています。

実態編

「実態編」というだけあって、第1章、第2章は圧巻です。普段、成分表を見なくてもこの二つの章では食品添加物がどれほど使われているかが否応なしに分かります。後の章では添加物が使われている背景を説明しています。

たくさん含まれている食品添加物

ていねいに読めば読むほど食品添加物の多さに頭がクラクラします。

よく分からない漢字とカタカナの羅列である食品添加物の解説を読むと、その食品添加物の必要性に疑問を感じてしまいました。商業的には必要なのでしょうが、味わう上で必要かというと分からないものが多すぎるように思います。

食品添加物は便利すぎる

食品添加物の考え方が足し算にあるのは商売の都合もあるのでしょう。搾り取られた濃縮還元に無くなった栄養素を追加している例のように、食物が工業品として生産され利益を追求した結果が食品添加物の大量投入を招いているというのは皮肉な話です。

一方で、食品添加物の大量投入を招いた消費者についてもコメントしています。食品添加物を気にしていないために求めた行動とも言えますが、規格化された製品のような形やきれいさを求めた結果が食品添加物の大量投入であり、もはや避けようのない状況にあるというのは笑えない話です。

食品添加物とどう付き合うか

自然とは考えにくい食品添加物との付き合い方や考え方として著者はある結論を出しています。食品添加物に対し、人間がどこまで耐えられるか分からない以上、その結論になるのも当然だと思います。

人間は食べ物からつくられています。

身体に及ぼす効果がよく分かっていないものが添加されているものを食べているということは、ある意味で人体実験と変わりません。食べ物の遺伝子組み換えは避けられても添加物がいつのまにか食べています。その状況を鑑みると、食生活の原点回帰も悪くないと思います。

多量に摂取しても食品添加物は人体に影響を及ぼさないのかもしれませんが、SFなら未来に新人類が誕生して進化するか、滅びていくかするのでしょう。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス