[読書雑文]『新版 日本の長寿村・短命村』近藤正二・萩原弘道

『新版 日本の長寿村・短命村』近藤正二・萩原弘道を読みました。36年間かけて990の町村を調査した著者の結論は食習慣でした。

現地調査で共通項を見つけ出す

仕事のキツイと言われる海女でも地方によって寿命がずいぶんと違います。同じような米どころでも違います。短命村の多くある地域でぽつりと長寿村があります。では何が違うのかということを実際に現地へ行って調査し続けています。

その調査内容は環境、迷信、生活事情などです。調べるといくつか共通する項目があり、そこから長寿、短命の食生活を導き出していきます。その語り口はやわらかで分かりやすいです。

食生活は村の歴史

その口調に導かれるように読み進めていく中で出てくるのが村の歴史です。長寿、短命の生活を紐解くと、その村の食生活がどのようなものだったかが見えてきます。そして、なぜそのような食生活になっているのかも見えてくるあたりが面白いです。

その村はなるべくして長寿に、短命になったんだということが分かります。

緑黄野菜、海藻、大豆、小魚が長寿村をつくる

著者の結論は「緑黄野菜、海藻、大豆、小魚が長寿村をつくる」ということです。なぜそのように結論されたかは本書を読めば分かります。

ちなみに男女差についても書かれています。村のしきたりにより男女の食生活に差があれば寿命にも差が出るとのことです。

結局のところ、人の体は食べ物で決まるということなのでしょう。体が何で作られているかを考えると当然の結論です。しかしながら、普段からこの結論をないがしろにしているのであれば、本書に書かれた長寿村の食生活は長生きの手助けになるはずです。先人の知恵ですね。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス