[読書雑文]『腰痛放浪記 椅子がこわい』夏樹静子

『腰痛放浪記 椅子がこわい』夏樹静子を読みました。腰痛となった著者はありとあらゆる治療を受けました。回復までかかった三年間の記録です。

鬼気迫る腰痛への対抗心

著者は真面目に真剣に腰痛を治そうとあらゆる治療を受けます。文章からもその姿勢は強く出ており、鬼気迫るものを感じます。

最終的にはその姿勢が故に治療が遅れるということになるのですが、それまでの話で出てくる治療方法は本当に多種多様です。著者は治らないのですが、それで治ったという人も出てくるため、どの治療が腰痛に効くのか分からなくなってきます。

その腰痛放浪記の中で、まるでミステリの伏線のようにあることが示唆されています。しかし、著者は決して受け付けようとしません。その受け付けられない気持ち故に、最後の治療で医師と激しいやりとりをすることになります。その迫真のやりとりに圧倒されました。

「病は気から」というけれど

「病は気から」という言葉があります。そこに行き着くまでに色々なことを試したが故に、そう言える状態になる著者の頑固なまでにまっすぐな姿に凄味を感じました。著者の経験を通じて、言っていることがばらばらの腰痛治療における様々な治療方法のうさんくささが目につきました。

それでも治ってしまう人がいるため「病は気から」なのでしょう。心理療法と代替医療、どちらにしても安易に頼ることなく、やるべきことをやってから頼るべきなのでしょう。心理療法と代替医療について考えさせられます。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス