[読書雑文]『止まらないで、自転車乙女』阿羅本景

『止まらないで、自転車乙女』阿羅本景を読みました。高校一年の自転車少年陸は、自転車が乗れない中学一年生のお嬢様方に自転車を教えることになりました。

自転車よりもお嬢様たち

お嬢様たちの行動や話し方、考え方はライトノベル特有です。それらが色濃くでており、現実味は皆無です。そのようなキャラクターたちのやりとりを楽しめるのなら、それはそれで面白いかと思います。耐性がないと読み続けるのはしんどいです。

自転車要素は少ないです。あくまで自転車に乗れないお嬢様たちをちょっと強引な方法で自転車に乗せようという話であり、話の広がりもお嬢様たちのやりとりが中心です。そのやりとりに自転車は関係ありません。男女を問わない恋愛要素、メタ的な発言などそういうところが中心です。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス