[読書雑文]『珈琲店タレーランの事件簿3』岡崎琢磨

『珈琲店タレーランの事件簿3』岡崎琢磨を読みました。副題は『心を乱すブレンドは』です。『珈琲店タレーランの事件簿2』の続編です。出場したバリスタ大会で異物混入事件に巻き込まれます。

残念な登場人物たち

バリスタたちはプロのはずなのですが、モラルの低い人たちばかりです。背負っているものにしてもそれほど深く掘り下げているわけでもなく、掘り下げようがない気がします。

彼らの暗躍が事件を起こしているのですが、プロとしての意識が低い異物混入と目的の小ささが物語をより貧相にしています。

さらに残念な方向に

方向転回した三作目ですが、ミステリーとしても物語全体としてもどちらも残念な方向にさらに偏ってしまったように思います。つまらないわけではありませんが、面白くもないのです。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス