[読書雑文]『ブラックラジオ』大山尚利

『ブラックラジオ』大山尚利を読みました。ラジオを舞台装置としたブラックジョークでナンセンスな悪趣味連作短編です。

ラジオ番組の内容は悪趣味な話

人の死を伝える番組、健康番組や子ども相談のパロディなど、内容はブラックでシュールです。どれもこれもブラックジョークであり、かつ、人を小馬鹿にするような悪趣味な話ばかりです。斜に構えた笑いなのでしょうが、私は読んでいて不快でした。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス