[読書雑文]『ヴァン・ショーをあなたに』近藤文恵

『ヴァン・ショーをあなたに』近藤文恵を読みました。小さなフレンチ・レストランで料理とともに事件や出来事を解決する物語の第二弾です。

前作と変わらないクオリティ

前作『タルト・タタンの夢の続編です。道具の話、料理金の話、シェフのフランス修業時代の話、客目線の話など、話は色々ありますが、物語の作りとしては大きな変更点はありません。そのため、前作同様、安心して楽しめるのではないかと思います。

前作同様、気取らず短編を楽しみ、少しだけ深くシェフの考えに触れることができるところが良いところではないでしょうか。

スポンサーリンク
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
アドセンス